暗号資産

コインチェックで口座開設をしよう

はじめに

日本には複数の暗号資産取引所(仮想通貨取引所)があります。

コインチェック、ビットポイント、GMO、DMM、ビットバンク、ビットフライヤー、SBIバーチャルカレンシー・・・etc.

しかし、取引所によって扱ってるコインの種類が異なりますし、暗号資産を外部へ送金できる業者、できない業者があります。

このようにいろいろな特徴があるなかで、個人的にオススメなのはコインチェックです。

 

何故コインチェックがオススメなのか?

コインチェックのお薦めポイントは、なんといっても取り扱いコインの豊富さです。

勿論、海外の取引所に比べれば少ないのですが、それでも日本人が買いたいと思う人気のコインを揃えてくれていることが大きいです。

また、

「海外の取引所はハッキングがあっても資金を補償してくれない可能性があるから不安」

そう思う方々にとっては、やはり日本の取引所のほうが安心できますよね。

コインチェックは、過去に巨額のハッキングに遭っても顧客へ全額補償した実績のある安心安全の暗号資産取引所です。

ハッキング対策も万全のため、コインチェックに資金を入れっぱなしにしておいても一抹の不安を覚えることさえなくなりました。

2017年〜2018年頃は、それこそハッキングの嵐でたくさんの暗号資産取引所が潰れていったので

「暗号資産取引所に資金を置いておくと資金を失うリスクがある」

という認識が皆の間で広まっていましたが、今はそのような心配は皆無になり、実際、私自身もコインチェックに資金の大部分を置いています。

 

コインチェックで暗号資産を買って外部に送金するまでの流れ

コインチェックで暗号資産を買い、外部へ送金する作業をするとします。

このとき私は住信SBIネット銀行からコインチェックに日本円を入金するのですが、振込みから着金までに要する時間は数分です。

なのでコインを買いたいときはすぐに買うことができます。

また、コインチェックには【販売所】【取引所】があり、取引所で扱ってないものは販売所で買うことになります。

 

【取引所】

買い注文と売り注文が並ぶ板取引で売買する。コインチェックでの売買手数料は無料。

 

 

【販売所】

数%の手数料が取られるが、確実にその価格で売買できる。

 

暗号資産を購入したら、そのまま外部へすぐにコインを送金することができます。

取引所によっては暗号資産を購入してから数日待たないと外部へ送金できない等の制限を設けているところもあるため、コインチェックのようにすぐに外部へ送金できるのはかなりメリットがあります。

 

コインチェックでの口座開設方法

コインチェックで口座を開設するにはこちらから。

コインチェック

 

 

 

おすすめ記事ランキング

【超優良】ノーリスクでヘリウムをマイニング!毎月数万円のお小遣い!

毎月確実に収入があります!誰でもノーリスクで稼げますが早いもの勝ちなので急ぎましょう!

パレットトークンが2021年末までに爆上がりする理由

PLTの価格は中期的に見て爆上がり間違いなし!その理由を解説します!投資の基本は待つことです。

-暗号資産

Copyright© TSURUTA.net , 2022 All Rights Reserved.